大腸カメラ

大腸カメラの目的

内視鏡大腸がんは日本で増加傾向にあるがんで、2020年には発症率や死亡率ががんの中で男女ともに1位になると見られています。ほとんどの大腸がんはポリープから発生するため、ポリープの段階で発見、切除することが大腸がん予防にはとても効果的です。また、大腸がん自体も、早期に発見したら内視鏡で切除が可能であり、完治可能な病気です。
ただし大腸ポリープや初期の大腸がんは自覚症状がほとんどなく、一般的に行われている便潜血検査では発見することが困難です。大腸ポリープや早期の大腸がん発見に有効なのは、粘膜をすみずみまで直接観察できる大腸カメラ検査だけです。大腸カメラでは発見したポリープや早期大腸がんをその場で切除可能ですし、疑わしい部分の組織を採取して生検を行い、確定診断もできます。ですから、定期的な大腸カメラ検査は大腸がん予防に大きく役立つのです。
当院では、1㎝程度の細いスコープや最新機器を用いたつらくない大腸カメラ検査を行っており、早期発見と適切な治療で地域の皆様の健康に貢献したいと考えています。

40歳になったら大腸カメラ検査を

自覚症状のない大腸ポリープや早期の大腸がん発見のためには、発症リスクが高まる40歳になったら大腸カメラ検査を受けることが重要です。特に、祖父母、両親、兄弟姉妹など2親等以内の親族に大腸がんを発症した方がいる場合には、早めに大腸カメラ検査を受けるようおすすめしています。

大腸カメラで発見できる病気

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸憩室症
  • 虚血性大腸炎
  • 薬剤起因性大腸炎
  • 感染性腸炎

など。

苦痛の少ない大腸カメラ検査

早期発見と、正確な診断のために大学病院にも導入されている最新の内視鏡システムを導入しています。的確で緻密な観察と診断が素早く行えるため、患者様のご負担軽減にも役立っています。また、デジタルハイビジョン内視鏡と大画面のデジタルハイビジョンモニターを使用することで、素早く正確に確認できるようにしています。

鎮静剤でウトウトしている間に検査しています

眠っているような状態で検査を受けていただけるため、お身体やお気持ちへの負担が大幅に軽減されます。当院には麻酔科がありますので、鎮静剤投与の際も専門医が年齢や体格、体調、服薬しているお薬などを考慮した上で最適な量を決めています

検査の流れ

Step1ご予約

ご来院いただいて、医師の診察後にご予約ください。
お電話でのご予約の可能ですが、検査前日までに診察をうけてください。

Step2検査前日

前日の食事は、基本的に検査食や医師から指示された内容の食事となり、21時までに召し上がっていただきます。それ以降は絶食です。 水分は、透明な水やお茶でしたら飲んでいただいて構いません。

Step3検査当日

ご自宅でお渡しした下剤を飲んでいただきます。 この下剤服薬で、腹痛や嘔吐があったり、便がきれいにならないなどがありましたら、すぐに当院までご連絡いただいています。

Step4検査

指定された時間にご来院いただきます。 なお、検査で鎮静剤を使用しますので、ご帰宅の際に運転ができません。そのため、車、バイク、自転車などを運転されてのご来院は控えてください。 ご来院後、お尻に穴の開いた下着や検査着に着替えていただきます。鎮静剤を注射した後、検査を行います。検査は15分程度で終了します。

Step5ご説明

リカバリールームでお休みいただいた後に、検査の画像をご覧いただきながら、医師が結果をわかりやすくご説明します。鎮静剤を使わずに検査を受けた場合には、すぐに説明を受けることも可能です。

TEL:0495-21-6211