鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニア鼠径ヘルニアは、筋膜の隙間から腸などの臓器が飛び出してしまう疾患で、足の付け根部分である鼠径部に起こるものを指します。一般的に脱腸と呼ばれるヘルニアは、鼠径部以外では、おへその部分から飛び出した臍(さい)ヘルニア、それ以外の腹部から飛び出した腹壁ヘルニアがあります。
先天的な鼠径ヘルニアは子どもに多いのですが、後天的なものは40歳以上の男性がなりやすい傾向があります。なお、鼠径ヘルニアには有効な保存療法がないため、治療には手術が必要です。

ヘルニアの原因

子どもの鼠径ヘルニアはほとんどが先天的なものです。成人の鼠径ヘルニアは後天的なものであり、筋膜の衰えなどが原因になって起こっています。また、女性の場合、出産をきっかけに発症するケースがよくあります。

鼠径ヘルニアになりやすい方

  • 40歳以上の男性
  • 立ち仕事、力仕事
  • 喫煙
  • 便秘
  • 喘息
  • 咳が多い
  • 肥満
  • 出産経験がある

鼠径ヘルニアの種類

大腿ヘルニア

外鼠径ヘルニア、内鼠径ヘルニア、大腿ヘルニアの3つに分類されます。

外鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアで一番多いタイプです。腹と足の間にある鼠径靱帯の腹の方に出てくるものであり、内鼠径輪という穴から出てきます。

内鼠径ヘルニア

外鼠径ヘルニア同様に鼠径靱帯の腹の方に出てくきますが、横筋筋膜にできた裂け目から出てくるタイプです。

大腿ヘルニア

鼠径靱帯の足の方に出てくるタイプです。出産経験のある痩せた女性に多く見られます。

鼠径ヘルニアの症状

腹痛腹圧がかかった時、鼠径部に膨らみができるのが鼠径ヘルニアの初期症状です。重い物を持ち上げる、立ち上がるなどの際に、鼠径部にピンポン球くらいの大きさの膨らみが出てきますが、指で押し込むと戻る状態です。 症状が進行すると膨らみが大きくなる、痛みが起こる、嘔吐するなどの症状が現れます。
さらに放置していると患部が硬化し、指で押し込んでも戻らなくなる嵌頓(かんとん)状態になります。嵌頓を起こすと飛び出した部分の腸が壊死する可能性があるため、緊急な手術が必要です。

嵌頓(かんとん)ヘルニア

嵌頓ヘルニアが起きた場合には、すぐに医療機関を受診する必要があります。嵌頓は、はみ出したものが出口付近で強く締め付けられて、元に戻らなくなる状態です。嵌頓ヘルニアの場合、はみ出した腸が戻らなくなって強い痛みが起こり、血流の悪化によってその組織が壊死する可能性があります。膨らみを押し戻すことができず、痛みがある場合にはすぐに診察を受けてください。

治療方法

手術室腸が飛び出てしまう隙間を閉じる必要があるため、手術以外で鼠径ヘルニアを治すことはできません。ヘルニアバンドで圧迫して腸が出てこないようにする治療法は、動作などですぐにずれてしまうことが多いため治療効果が期待できず、皮膚障害や精巣睾丸萎縮といった深刻な副作用を起こす可能性があります。そのため、これはあくまでも手術までの応急措置だとお考えください。

メッシュプラグ法

ポリプロピレン製のメッシュで筋膜にできた穴を塞ぐ手術法です。鼠径ヘルニアでは最も多く行われており、30分程度の手術です。切開は鼠径部へ3cmほど行います。

術中、術後の痛みについて

手術では静脈麻酔・吸入麻酔・局所麻酔を併用していますので、痛みを感じずに手術を受けていただけます。感覚として、眠っている間に手術がおわっているというイメージです。
また術後に関しては、安全面を考慮して入院していただいております。

TEL:0495-21-6211